<系統図> <サムネイル>

三葉虫 Trilobite

 
◎ 節足動物門
 └ ◎ 三葉虫亜門 Subphylum Trilobitomorpha
   └ ○ 三葉虫綱 Class Trilobita
    │
    ├ ◇ プロエタス目 Proetida
    │ ├ ・ アウラコプレウラ上科 Aulacopleuroidea
    │ │ └ ・ アウラコプレウラ科 Aulacopleuridae
    │ │   └ キファスピス Cyphaspis sp.
    │ 
    └ ◇ プティコパリア目 Ptychopariida
      ├ ・ エリプソケファルス上科 Ellipsocephaloidea
      │ └ ・ エリプソケファルス科 Ellipsocephalidae
      │   └ エリプソケファルス・ホッフィ Ellipsocephalus hoffi
      │ 


◇ プロエタス目 Order Proetida

・ アウラコプレウラ上科 Superfamily Aulacopleuroidea
 └ ・ アウラコプレウラ科 Family Aulacopleuridae


キファスピス Cyphaspis sp.

Cyphaspis sp.
モロッコ Alnif デボン紀中期 35mm

頭部に角の生えるタイプの三葉虫は他にもあるのですが、
このように二本並ぶのは珍しいようです。
両脇の長い角(頬角もしくは頬棘)は頭部から、
真中の角(尾棘)は、尾板の後端ではなく、胸部との境あたりから生えています。
頭の角の脇に飛び出している部分は複眼です。

角の生える理由はいくつか考えられます。
現在の動物を例にすると、
まず一つは雌が雄を選ぶ基準にする場合です。
シオマネキの片方の鋏脚が肥大化するのと同じ理由です。
これが当てはまるためには、この三葉虫の雌に角が発達しないこと、
視覚が発達していることが条件になります。
ちょっとこの三葉虫に当てはめるのは無理がありそうです。

二つ目は敵に襲われたときに岩の隙間などに頭から逃げ込み、
引っぱられても角が引っかかって引き出せないようにすることです。
カワハギなどがこのような性質を持っています。
この場合は、この三葉虫が普段から岩場やサンゴ礁等に生息していることが条件になります。
しかし、この三葉虫の角は長すぎて、こういう用途には不向きのような印象を受けます。

三つ目はやはり敵に襲われたときに丸呑みされにくくする目的です。
ツノゼミ(Google)などの角がこれにあたります。
個人的見解ではこの辺が妥当だと思うんですが・・・


通常、細長い角が立体的に生えるタイプの三葉虫の化石は大変高価です。
希少性もありますがクリーニングの"技術料"が馬鹿になりません。

ところがこの個体は妙に安かったです。
この手の三葉虫の化石(特にモロッコ産)には模造品が多いと聞いていたので
偽物の可能性が高いと思いました。
しかし、自分にはその場でそれを見極めるほどの眼力はありません。
例え偽物でもこれだけ安いんだからレプリカを買ったと思えばいいやと妥協しました。

帰宅してから埋まっている部分を根気良く掘り出してみたところ、
ちゃんと続きが出てきました。
角の部分も張り合わせた形跡がありません。
どうやら本物の化石だったようです。

クリーニングを現地の人たちが施したので人件費の分が安かったのかもしれません。
産出量自体もそれほど珍しいものではないようです。


ちなみに模造品にも何種類かあるようで、
一つは石を化石の形に掘り出して色を塗ったもの。
もう一つは石の上にセメントを盛り付けて、
そこへ型に樹脂やセメント等を流したものを貼り付ける方法です。
他に、不完全な化石をいくつか組み合わせて、
一つの石の上に張り合わせる方法もあるそうです。

後の二つは貼り付けた境目を誤魔化すために全体にたがねの跡がついており、
水で濡らすと境目が見つかる場合があるそうです。


撮影:2005/12/19 PowerShot G6



◇ プティコパリア目 Order Ptychopariida

・ エリプソケファルス上科 Superfamily Ellipsocephaloidea
 └ ・ エリプソケファルス科 Family Ellipsocephalidae


エリプソケファルス・ホッフィ Ellipsocephalus hoffi

Ellipsocephalus hoffi
チェコ カンブリア紀 15mm  

産出量が多く、比較的安価です。
一見際立った特徴のない三葉虫ですが、
深海に棲んでいたため目が退化しています。

撮影:2005/09/28 PowerShot G6



化石へ戻る
コメントはこちら
Topへもどる


登録 2005/10/07 Ellipsocephalus hoffi
更新 2005/11/05 罫線
    2005/12/19 Cyphaspis sp.
    2006/01/25 ツリー



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。